ヒアルロン酸 保湿・ハリ

ヒアルロン酸ECM

肌の保湿・ハリ




 ヒアルロン酸ECM


 関連品はこちら



日本リフレクソロジスト養成学院
リフレクソロジー,アロマ,マッサージ,専門学校,資格,進路,就職,セラピスト
FUJIFILM ビューティー&ヘルスケア Online
ニキビ,大人,ルナメア,フジフイルム,富士フイルム
渋谷フェミークリニック
医療,レーザー,渋谷,永久,全身,脱毛
Le Ciel Blanc
東京,表参道,結婚式,ウェディング,チャペル,パーティ,披露宴,挙式,ルシェルブラン,Le,Ciel,Blanc,貸切
ピースネット
ガン,保険,見直し,相談,がん,入院,抗がん剤
京王自動車株式会社
バイク,自賠責,保険,京王,自動車,自転車,車検,損保,車両,任意

肌に保湿やハリを与える低分子ヒアルロン酸ECM

美肌やスキンケアで欠かせないヒアルロン酸は、体内に存在するゼリー上の構造成分で保水力で細胞同士の隙間を埋めたり、 関節では潤滑油の役割をしています。
 低分子ヒアルロン酸ECMは肌の保湿やハリ
 ヒアルロン酸は、体内に存在するゼリー上の構造成分
 ヒアルロン酸は、関節では潤滑油の役割
 加齢とともに減少するヒアルロン酸を補給
 低分子だから肌への作用も抜群。低分子が決め手!
 顔肌の真皮層まで届き、肌のハリ・保湿に最適

 低分子ヒアルロン酸ECM

ヒアルロン酸は、加齢とともに減少


 身体のヒアルロン酸は、加齢とともに減少
ヒアルロン酸の量を、0〜20歳までを100とした場合、30歳までは70%
50歳までは40%、60歳までには約25%まで減少。
加齢とともに肌にハリ・シットリ感(保湿)がなくなるのは、ヒアルロン酸が減るから。

 ヒアルロン酸が減ると、シワ・たるみ
ヒアルロン酸が減ると、水分の保持が難しくなり、肌のハリが無くなり、シワ、たるみが目立ったり・・。

コラーゲンやビタミンCだけを補給してもヒアルロン酸が不足していては肌の保湿やハリの回復は難しい。

また、関節では、水分が不足するとスムーズな動きができなくなり、痛みの原因になる場合も。

ヒアルロン酸のパワー


 ヒアルロン酸は、身体のどの場所にいても保水性を保つ物質
 目薬には、ヒアルロン酸の仲間であるコンドロイチンが
  使用

 関節炎の激痛にもヒアルロン酸が注入
 やけどの薬にも使われています
 化粧品、健康食品などに重要な美容成分としての使用が最多
 肌に保湿やハリを与える事はコスメの定番

ヒアルロン酸は高分子

 肌に吸収され易い、高分子
天然のヒアルロン酸は高分子なので、体内に吸収されにくい物質。
ヒアルロン酸ECMはヒアルロン酸を低分子化することにより、体内への吸収率を高めることに成功した、ヒアルロン酸加工食品です。

ヒアルロン酸ECMの目的は肌のハリ・保湿だけで無く、関節の動きをスムーズにして膝痛の改善など色々。

美容外科でもヒアルロン酸注入が美容医療として流行っている様にです。

複合ムコ多糖がお肌の為に必要な量は、20-40代で1日240mgから400mg

40代以上では肌に保湿やハリを与える為にも400mg以上の摂取、つまりヒアルロン酸ECMを1日2-6粒が目安

 赤ちゃん肌がスベスベなのはヒアルロン酸たっぷりだから!
生体内では、関節、硝子体、皮膚、脳など広く生体内の細胞外マトリックス(※ECM)を構成。
とりわけ関節軟骨では、アグリカン、リンクタンパク質と非共有結合し超高分子複合体を作って、 軟骨の機能維持に極めて重要な役割をしています。

 1gで6リットルの水分を保持
肌のヒアルロン酸は、角質層、基底層、真皮層という構造の中で、一番大切な真皮層に多く含有。
これ
が肌のハリ・保湿の秘密
わずか1gで6リットルの水分を保持します。だから、肌のハリ・保湿に重要な物質。

この保水力で細胞同士の隙間を埋めたり、 関節では潤滑油になってスムーズな動きをサポート。
(※ECM:次のページに詳細説明)


とこでヒアルロン酸って何

ヒアルロン酸は、皮膚や関節・目・脳など、生体内のあらゆる組織の中に存在するゼリー上の構造成分で、ムコ多糖類の一種です。
「ムコ」は粘液類似物の意のムコイド(mucoid)からから来ている命名で、粘液質の多糖類。

多糖類とは、単糖類が複数結合してできたものです。
ヒアルロン酸の水溶液は無色透明で粘度が高く、ゲル状になっています。

ヒアルロン酸はタンパク質と結合して、組織の保護や構造の維持、細胞同士の隙間を埋める働きをしています。
関節液や関節軟骨に含まれたヒアルロン酸が、骨と骨との間の動きを滑らかにするクッションの役割を果たし、関節の動きを良くしています。

さらに、眼球の形を保ったり、細菌の侵入を防ぐ、など、動物結合組織中の重要な構成成分です。
肌のヒアルロン酸に着目すると、角質層、基底層、真皮層の中で、真皮層に多く含まれていて、1gで6リットルの水分を保持します。

この為、美容面では、保湿作用万全のヒアルロン酸は、乾燥肌やニキビ・しわ・たるみ・アトピー肌・敏感肌等の対策に使用されています。
塗るタイプの物や、サプリメントタイプのヒアルロン酸もあり飲むことによって関節痛や生理痛にも効果的と言われています。

残念ながら加齢とともに、体内のヒアルロン酸は減少してしまいます。
20歳までを100とした場合、30歳までは70%、50歳までは40%、60歳までには約25%まで減ってしまいます。

ヒアルロン酸が減ると、水分維持が出来なくなり、肌のシワが深くなったり、シワ、たるみが目立ちはじめます。
勿論、シワやタルミは真皮層のコラーゲン繊維やエラスチン繊維が紫外線によって切断される事が大きな原因ですが、ヒアルロン酸の減少も1役買っています。


ヒアルロン酸の使用分野

ヒアルロン酸には医薬品として使用されているものと、化粧品等で使用されているものがあります。

◆ ヒアルロン酸の医薬品利用

眼科手術、関節機能剤、点眼剤などに使用されています。
医薬品として最初に使用したのはスウェーデンの企業。眼科用に開発されました。

白内障の治療でレンズを挿入する際に使用されていて、今ではヨーロッパをはじめ日本でも広くヒアルロン酸が使用されています。

また、角膜移植や網膜はく離、緑内障などの眼科手術には欠かせない薬剤です。
最近では、ドライアイに使用する目薬にも使用されています。パッケージを確認すると解ります。

次は関節の炎症などへの利用です。
ヒアルロン酸の「粘性」「潤滑性」「保水性」などを生かして関節炎、中年女性に多い変形性膝関節症、慢性の関節リュウマチなどの領域で使われています。

皮膚科分野ではやけどや切り傷に塗るクリームや注射剤、ガーゼなどが創傷治癒剤として応用されています。

ヒアルロン酸は体内の結合組織の中に浸透して、それぞれの組織を一定の形に保つ働きがあるため、
外科手術後の組織の癒着防止剤としても使われています

◆ ヒアルロン酸の化粧品利用

30年程前からヒアルロン酸を基礎化粧品分野へ使用する応用が始まって、乳液、クリーム、化粧水、パックなど幅広く使用されています。

ヒアルロン酸の保湿性、保水性を利用したものです。

ヒアルロン酸には保水性は勿論のこと、水に溶かした場合の粘りにも大変特長があり、この粘性を他の化粧品と組み合わせることによって、使用感が大変滑らかになります。

角質を柔軟にする働きもあり、スベスベで、柔らかな潤いある肌になるのが多くの女性に支持されています。

やはり化粧品ですので、効能よりは使用感が重視されている様です。
変な厄介な理屈は不要と言ったところでしょうか。


低分子ヒアルロン酸ECMの商品情報

内容量 1瓶180粒入り(1日4粒で45日、6粒で30日分です。)
使用方法 基本的には、一日に6粒を目安にお飲みください。
栄養成分
(6粒1,800mg中)
・エネルギー・・・7.04kcal
・タンパク質・・・0.63g
・脂質・・・0.1g
・炭水化物・・・0.9g
・ナトリウム・・・18.54mg

美容外来、美容皮膚外来のある大学病院

大学病院と言うとお硬いイメージですが、女性の美容を専門とした外来を設けている大学病院があります。
ダイエットや脂肪吸引などもありますが、フェイス関連美容を手がけている大学病院を関東限定で紹介。

   ・日本医科大学病院
    東京都文京区千駄木1-1-5 (03-3822-2131)
    美容皮膚科。フェイスリフト、顔の輪郭、目の上下の凹み、マブタなどが対象。

   ・埼玉医科大学病院
    埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38 (049-276-1111)
    美容外科。二重まぶた、顔輪郭、若返り、瞼下垂などをが対象。

   ・北里大学病院
    神奈川県相模原市南区北里1-15-1 (042-778-8111)
    美容外科。顔面の老化に対する若返り手術(アンチエイジング)。

   ・杏林大学病院
    東京都三鷹市新川6-20-2 (042-247-5511)
    美容外科。人間の美を追究する医学と捉え、アンチエイジングとして医学的見地
    からのアプローチを行っている。

   ・東京大学病院
    東京都文京区本郷7-3-1 (03-3815-5411)
    美容外科。フェイスリフト、しみ・しわ・あざのレーザー治療・トレチノイン外用療法
    を行っている。